【公認会計士ママのお金のお話】投資信託を買ってみよう!

新潟在住!公認会計士ママがお届けする「人生100年時代のちょっとためになるお金のお話」

お金を使う・貯めるのではなく「増やす」ための知識を学ぶ第5回目です。
さて今回は、「投資信託」と「分散投資」についてですね。途中、オススメの投資信託もご紹介するので、難しそうだなぁと思っても、ぜひ最後まで読んで見てくださいね。

人生100年時代のちょっとためになるお金のお話(全11回)

  1. 投資をしてみよう!
  2. 証券会社を決めよう!
  3. Nisa(ニーサ)がおすすめ!
  4. 積立Nisaを始めよう!
  5. 投資信託を買ってみよう!【今回はこちら!】
  6. 国債を買ってみよう!
  7. 金を買ってみよう!
  8. iDeCo(イデコ)を始めよう!
  9. (番外編1)個人年金保険を検討しよう!
  10. (番外編2)ふるさと納税って、何がいいの?
  11. まとめ
目次

投資信託とは?

投資信託(ファンド)とは、「投資家(私たち)から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめて、運用の専門家(証券会社など)が、国内外の株式や債券など、複数の資産に投資し、運用する商品」です。

ここでのポイントは、投資信託は、1つの商品で、国内外(地域の分散)の株や債券など(資産の分散)に「分散投資」することができる!ところ。

オススメの投資信託は?

とりあえず何かを、
つみたてNISAで買ってみようかなという方向けに、
分散投資に適している私のオススメの投資信託をご紹介しますね。

・三菱UFJ国際 ー eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・楽天 ー 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
 ↑この2つは、日本を含む全世界の株式に投資しています。

・三菱UFJ国際 ー eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
 ↑投資初心者さん向けですが、
 これ1つで国内外の株式や債券など、8資産に投資ができます。
 投資信託の中でも、比較的ローリスク・ローリターンな商品かなと思います。
 
もし余裕がでてきたら、
複数の投資信託を購入することで、
さらなる「分散投資」を目指しましょう!

投資を継続しましょう

さて、今回のコラムでは、「長期間」(10〜20年程度)、投資を継続して行うことで、資産を増やすことをオススメしています。投資には、商品の価値が変動するという「リスク」が伴います。
投資信託ももちろん例外ではありません。タイミングによっては、購入時によりも利益(プラス)が出ることもあれば、損失(マイナス)が発生するかもしれません。
しかし、一時的に損失が出たとしても慌てずに、長期的に考えてみてください。価値は下がることがあっても、徐々にまた上がってきます。それでも、もし途中で不安になったら、焦らずに価値がプラスの時を狙って、いつでも売却して大丈夫です。

今回のポイント!

1つの商品で「分散投資」ができる投資信託を、NISA口座で「積立投資」しましょう!一時的に損失が出ても焦らずに、「長期間」投資を継続しましょう!

【会計ミニミニコラム】負債とは

「貸借対照表」(B/S)の右側(貸方)には、「負債の部」(上)と「純資産の部」(下)があります。B/Sの右側は、「企業の財産をどのような手段で調達してきたか」という会社資金の調達状況を表します。借入金や社債などの「将来(短期・長期)、企業が返済しなければならない債務等」が記載されます。

ポイントは、 「借入金などの負債は右側」です!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

【起業ママの想いをサポート!気軽に話せる女性目線のマネーアドバイザー】
公認会計士。新潟市在住。4歳と1歳の姉妹のママ。
現在、独立に向けて準備中。
「起業ママの想いをサポート!気軽に話せる女性目線のマネーアドバイザー」
をキャッチコピーに、
2021年春から初心者向けの会計相談お茶会なども企画中!
インスタ(@account_tax_kigyomama)でも情報発信してます♪

目次
閉じる