【& 子育て交流ぽーと tete】YOKUMOGUレシピ「なす」

新潟ファンパニーでは、新潟市の企業・団体と「家族をもっと楽しむ」企画をお届けしています。
今回は、子育て交流ぽーとteteの平山さんと「なす」をクッキング。大人が食べるごはんを取り分けて、離乳食も一緒に作ります。食卓に並ぶ季節の美味しさと栄養を、家族みんなで味わいましょう。

子育て交流ぽーとtete
代表 平山 沙知子 さん

保健師、看護師、食育インストラクター、妊産婦食アドバイザー、新潟市食育マスター

山形県出身。山と海に囲まれた自然豊かな幼少時代を過ごしました。
年子の長男次男と高校生の娘がいます。
腕によりをかけて作った料理(離乳食)ほど食べてくれなくて。結局、名前がつかないようなおかずの方が好評で家族一緒に食べられるメニューを作るようになりました。
食育では、「何をどれだけ食べるか」より、「誰とどうやって食べたか」を大切にします。
子どもたちの食選力は、未来を生きる力。家族の食卓が子どもたちのココロとからだを育てる場になるように、楽しい親子ごはんを伝えています。

目次

新潟の「旬」を家族で食べるYOKUMOGUレシピ

新潟には美味しい野菜がたくさんあります。夏には、枝豆やとうもろこし、なすなどの「特産品」がたくさん収穫され、みずみずしく味わい深い夏野菜が、日々食卓に並ぶ家庭も多いはず。
これらの旬の野菜は、美味しさはもちろんのこと栄養価が高いことも特徴です。ですがいざ食べるとなると、大人も子どももベビーも、それぞれが美味しく食べられるよう調理するのは中々大変です。下処理は?切り方は?味付けは?
子育て交流ぽーとteteさんと作る「YOKUMOGUレシピ」では、旬の野菜の美味しさと栄養を家族みんなで食べられるよう、調理のポイントを分かりやすくお伝えします。

YOKU(良く)… より良い調理方法で、より良い美味しさを
MOGU(モグ)… モグモグたくさん食べられる

それでは、YOKUMOGUレシピ、スタート!

「なす」で離乳食中期〜大人ごはん

今回は、新潟の代表的な夏野菜の一つ、「なす」を使ったYOKUMOGUレシピです。

新潟のなすはとってもみずみずしく、様々な調理方法で楽しめる夏の万能野菜。新鮮なものはアク抜き不要で、子どもも美味しく食べられます。地元で採れた新鮮ななすを、是非とも家族みんなで楽しんでください。

○○○いらずで離乳食にもぴったり

離乳食として調理するときのポイントは、「飲み込みやすさ」です。離乳食や幼児食で飲み込みにくい食材を食べさせる際には、片栗粉などでとろみをつけることが多くありますが、なすは水分をたっぷり含んでいるので飲み込みやすく、火を通すことであごでも潰せる柔らかさになります。
タンパク質の多い肉やお魚とも相性抜群。「とろみ」いらずの便利食材です。

YOKUMOGUレシピはこちら

yokumogu-nasu01
yokumogu-nasu02

Pick up!調理のポイント

レンチンで柔らかくなる離乳食の便利食材

なすはラップで巻き、2分ほどレンジで温め、冷水にさらせば、手で皮が剥けます。それを包丁で刻めば、そのまま離乳食としてOK!クセのない味わいなので、魚やお肉を刻んだものと合わせて美味しく食べられます。

離乳食後期以降は油で炒めても

離乳食後期以降は、油で炒めた後に取り分けてもOK!出汁やしょうゆをちょっぴり垂らして味付けしても良いでしょう。
幼児食とする場合は、大人用の調味料を1/3入れた後取り出します。その後に残りの調味料を入れることで大人のおかずも完成。「ワンパン」で家族分が完成できますよ。

地元の美味しいなすを家族で食べよう

離乳食期からでも、家族と一緒に食べれるなすのレシピをご紹介しました。食材を買い足したり、別で作ることなく家族分の食事が作れてしまうので、料理に苦手意識があったり、離乳食づくりが大変だと思う方こそオススメですよ。
新潟では様々な品種のなすが栽培されていますので、品種にも注目しながら食べ比べしてみても楽しいかもしれませんね。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

新潟で家族をもっと。
いつもの曇り空も、雪も、米ばっかも、家族となら楽しめる?
新潟のプラスもマイナスも共有する、等身大の子育てメディアです。

目次
閉じる