【新潟ママ調査】産院の選び方と出産エピソード

「妊娠・出産」という一大イベント。
どの病院で産みたいかはもちろんのこと、どのように過ごしたいかも大切にしたいですよね。

今回は新潟市のママたちに出産についてアンケート!

大変そうなエピソードから、思わず笑ってしまったエピソードまで。
これから「新潟で家族をつくりたい」「新潟で家族をふやしたい」という人は是非チェックしてくださ〜い!

目次

産院を選ぶポイントは?

個人病院は特に、出産は「予約制」となっています。
なので、「妊娠した!」と分かってから初めて受診したところに予約する方がほとんどかと思います。

ということは、最初に踏み入れる病院選びがとっても大切だということ!

新潟市に住むママたちは、こんな理由で産院を選んでいました。

何度も通う場所だから

出産に向けて、何度も足を運ぶ場所だからこそ、産院選びで大切にしたいのは「安心できる」という点。

日常生活においてもできるだけ負担がないように、「近さ」や「病院の大きさ」で選んだママがいました。

近いから「済生会 新潟病院」(シロさん)

大きな病院が安心だから「市民病院」(あやみさん)

 

特別な時間を過ごしたい!サービス重視

多くのママが産院選びで大切にしたのが、「食事」や「個室」などのサービスです。

お祝い膳が豪華な「竹山病院」(みっちゃんママさん)

綺麗だし、個室だから「ロイヤルハートクリニック」を選びました(まきさん)

ご飯が美味しいらしかったので「エンゼルマザークリニック」(ななしさん)

出産という一大イベントを、できるだけ快適に。そして、数日の入院期間は美味しいご飯が食べた〜い!という素直な気持ちで産院を選んでるようです。
また、他の人に気を遣わなくて良い個室があるところも重要なポイントのようです。

 

次があるなら生かしたい!後悔したポイント

妊娠、出産、そして新生児期は、誰にとってもはじめての連続。
たくさん準備してきたはずが、「思っていたのと違う」「こんなの聞いてないよ・・・」と戸惑ったことや、
次があるなら生かしたい!と思うことをママたちから教えてもらいました。

出産編

次産むときは無痛で産みたい(シロさん)

帝王切開のあとは、すぐに痛み止めをもらう!(ななしさん)

経産婦なのになかなか産まれず、その間に隣の分娩台では3人も産まれた(はっしーさん)

会陰切開のあとが痛くて、座れなかった。次があるなら、円座クッションを準備!(まろさん)

産む前も産むときも、そして産んでからも痛いなんて…聞いてないよ!というママたち。色々調べたりしても、出産は想定以上でしたよね。
そして、想定外の出来事は、こんなタイミングでも起こったようです。

第一子のとき、陣痛室で夫が「人生の楽園」を見始めた。さすがにに消してもらいました。(はっしーさん)

なぜ!今!人生の楽園!?時間が経てば笑い話になるけれど、そのときは怒りの気持ちが込み上がってきそうです。
世の中のパパたちは、余計なことはしないでくださいね〜!

新生児期編

まとまって寝ない。2〜3時間おきに母乳やミルクの時間がやってくる(まりさん)

夜寝ない。寝ても息をしているか心配だった。(まきさん)

最初母乳が直接あげられず、搾乳だったときは、全く寝られず大変でした。次は準備万端で臨み、大丈夫でした!(あやみさん)

母乳って頑張らないと出ないし、飲んでももらえない。自然に飲んでくれると思ってた…(みっちゃんママさん)

服のサイズアウトが早い!70センチは数回着ただけで終わってしまった…(NAO★さん)

「寝れない」「母乳が大変」というママが多くいました。分かってたつもりだけど、ここまでとは…と感じたママもいたようです。
体力的に大変な新生児期は、パパや他の家族に頼りながら、無理せずやっていきたいですね。
そして、服のサイズアウトの早さにもびっくり!お祝いでいただいた服が、気がついたらパツパツ!なんて話もありました。

それでもやっぱり可愛いから

1人目はあまりにも泣いて優しくできず、2人目は優しくしたいと思い、今では子どもが可愛くて3人目も欲しいです(はっしーさん)

産むときも産んでからも大変だけど、やっぱり我が子は可愛い!「次は」「3人目は」と話してくれたママもいました。

そうそう、最近は、子どもが3人いる家族も珍しくない?なんて気もするのですが、皆さんの周りはどうですか?
「3人産みたい!」という声もよくききます。
色々な制度や支援もありますが、産むだけで終わらない子育てだからこそ、長い目でみて「育てやすい」環境になってほしいですね(壮大)

ちなみに、新潟市は3人目の保育料が無料です。

 

さて、次回の「新潟ママアンケート」は、「令和3年にしたいこと」について。
コロナ渦でできないこと、我慢することの多い日々ですが、「それでも今年はこんな事したい!」という皆んなの目標を聞いてみました。

お楽しみに〜

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

新潟で家族をもっと。
いつもの曇り空も、雪も、米ばっかも、家族となら楽しめる?
新潟のプラスもマイナスも共有する、等身大の子育てメディアです。

目次
閉じる