【にいがた子鉄部】新幹線唯一の二階建て!乗れなくなる前に覚えて欲しいこの言葉

ダブルデッカー
目次

新潟県民おなじみのあの新幹線がなくなっちゃうんです

上越新幹線といえば、二階建て車両の「Maxとき」ですよね。白と青の車体に、ピンク(朱鷺色)の帯が魅力的なあの新幹線です。
パパやママの世代は、東京に行くといったらこの新幹線でした。
東京から利用する時は、越後湯沢駅で分割。乗っている車両は新潟駅まで走るかどうか、車両番号を何度も確認しちゃったりしませんでしたか?
さて、この二階建て車両の「Max」、実は今年の秋に運転が終了されるそうです。か、か、悲しい。
最近は、「Max」に代わって走行予定の「かがやき」でおなじみE7系が運行する日もあり、「もうMaxは見れなくなっちゃうのね」と何だか切ない気持ちになります。

覚えて欲しい「ダブルデッカー」

「MAXとき」に代表されるE4系車両。最大の特徴は「二階建て」という点です。
この「二階建て」車両のことを英語では、「ダブルデッカー」(Double decker)と言います。

関東圏に行くと在来線で「ダブルデッカー」の車両をいくつか見ることができますが、新幹線のダブルデッカーはやはり迫力がありますよね。MAXときを目の前にすると、思わず「ダブルデッカー!」と言いたくなってしまいます。

もちろん、小鉄にもダブルデッカー推しが多数!路線名や車体名がよく分からなくとも、二階建て車両を見れば「ダブルデッカー!」と言って楽しめますし、盛り上がります。

駅に電車や新幹線を見に行くなら是非とも覚えて欲しい「ダブルデッカー」!
E4系Maxが乗れる・見れるのも、あともうわずかの期間ですので、「ダブルデッカー」を楽しんでいただけたらと思います。

ダブルデッカーの魅力はここにもあり

迫力がありかっこいいMaxですが、実際乗ってみると、座席に行くには上に行くも下に行くも階段があり、子連れやお年寄りはもちろんのこと、荷物の多い人にとっては乗りにくい車両だったかもとは思います。(なくなる理由はそれもあるのでしょうか…)
ベビーカーや子どもの手を引きながら、ゆるい螺旋状の階段を通るのは中々大変です。
しかし、二階建て車両だからこその魅力も。それは車両の外。街中で感じることができます。

新幹線の線路は、多くの場所で高いコンクリートの柵の中にあります。なので、走行していても車体のごくわずか上部しか見ることが出来ません。ですがMaxときは車高が高いので、そう
よく見える!
これは小鉄にとっては重要な点です。一瞬で過ぎ去ってしまう新幹線ですから、「ほら、新幹線!そこそこ!」と教えてあげても、見つけられないことも多々あるのです。なので、よく見えるMaxはとっても助かる!(親が)
たとえ上部だけであっても、走行音を感じながら見る新幹線はたまりません。

他にも、高速道路走行中に見えるMaxもオススメ!走行しているMaxの車両全体を見ることが出来ますし、ダブルデッカーの迫力も感じることが出来ます。
「ダブルデッカー」を連呼していると、どんどん増していく二階建て車両への愛着。色々な角度からその魅力を発見していきたいですね。

今日は「ダブルデッカー」を覚えて鉄分補給

いかがでしたでしょうか?「ダブルデッカー」は覚えていただけましたか?
新幹線に乗るなら、新幹線を見にいくなら、知っておくとちょっと楽しい言葉としてご紹介させていただきました。
現在上越新幹線を走行しているのは、E2系とE7系(かがやきと同車両)、そしてE4系Maxです。E7系やE4系は多く走行しているわけではないので、見たい新幹線がある、「ダブルデッカーが見たい!」という場合は、駅員さんに聞いてみてくださいね。
パパやママが楽しんでいると、小鉄もより楽しく鉄分補給できるはず。小鉄くん、小鉄ちゃんと「ダブルデッカー」を是非言ってみてくださいね〜!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

新潟で家族をもっと。
いつもの曇り空も、雪も、米ばっかも、家族となら楽しめる?
新潟のプラスもマイナスも共有する、等身大の子育てメディアです。

目次
閉じる