ここがポイント!一時停止できてますか?新潟人がやりがちな違反と交通ルール

春の全国交通安全運動

4月が始まりました。4月といえば、そう!「春の全国交通安全運動」。
毎年の事だからといって聞き流すのは危ないですよ。この時期は、パトカーや白バイがいつも以上に目を光らせて、皆さんの交通ルールやマナーをチェックしてるんですから。
新潟に住む人は、車や自転車の運転マナーが良いと思いますか?お子さんは安全に道を通る方法を知っていますか?
今回は、家族で共有して欲しい「交通ルール」についてのおはなしです。

目次

4月はここが見られています

令和3年春の全国交通安全運動は、4月6日(火)〜4月15日(木)に実施されます。
この時期は入学式があり、道に慣れてない子どもたちが通学を始めますし、大人でも通勤に慣れていない人がいますよね。
でも、不慣れだからといって、事故を起こしたり、事故にあったりしては大変。
「子どもから大人まで、おじいちゃんおばあちゃんも、み〜んなで交通ルールを見直して、事故で誰かが傷つくことがないようにしましょう」というのが交通安全運動です。

交通安全運動には、「重点」といって「こんなところに特に気をつけてください」というものがあります。
新潟県のホームページで確認できますよ。

  1. 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
    (新潟県重点)横断歩道での歩行者優先
  2. 自転車の安全利用の推進
  3. 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

ちょっと言葉が難しいですが、どれも事故を起こさない・事故に合わないためのポイントであり、見られている内容でもあります。

要注意は横断歩道

「新潟県重点」とされていて、今特にチェックしておきたいのが、横断歩道での運転ルールです。
横断歩道は歩行者優先。それは歩行者用信号がないところでも同様です。
つまり、
「あ、横断歩道を渡りたい人が…でも車の速度が早すぎて止まれない…」というのは「違反」となります。
横断歩道を見つけられるスピードで、横断歩道近くでは渡る人がいないか良く見て、歩行者が横断中はしっかり止まる。
分かっているのに出来ない人が新潟にはたくさん。
新潟県民が苦手とする交通ルールですが、道を渡りたい人がいつでも安心して横断できるよう、横断歩道に気を配って運転ができるドライバーでありたいですね。

一時停止ってどうやるの?実はできていないかも

さて、運転するときに何度も行う「一時停止」ですが、本当にできていますか?
完璧にできていないと、ピピピピ〜!捕まっちゃいますよ。
一時停止は、道路交通法第43条でこのように定められています。

車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第三十六条第二項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。(罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

https://elaws.e-gov.go.jp/

難しく書かれてありますけど、つまり
「車のバンパーが停止線を超えないように、直前で一時停止する」ということです。
左右を確認できるところまで出てから停止するのはNG。
確認しながらジリジリ前進していくのもNG。
タイヤをしっかり止めて一呼吸おけば、「一時停止」は完璧です。この機会に見直してみてくださいね。

もしかしてお子さんは危ない歩き方をしているかも?

車両を運転する人はいつでも歩行者に優しい運転を心がけなくてはなりませんが、交通ルールを守るのは歩行者にとっても大切なことです。
しかし運転免許を持ってない子どもたちが、道路上での「危ないこと」を分かって、そして安全に行動することは大人が思っている以上に高度なこと。交通ルールを丁寧に教えることはもちろんですが、それを「分かって」「できる」ようになるまで、じっくりと見守ってあげましょう。

道を渡るときは、右見て左見て?本当は…

「右見て、左見て、手を挙げて」と呪文のように唱えながら育ってきた私たち。でもそれだけでは事故は防げません。アクションは大切なことですが、実際に何をしているのか、説明してトレーニングすることが大切です。
例えば、青信号の横断歩道を渡る時は、「右にある車は止まっているか、左にある車止まっているか、よく確認してから、手をあげて小さな体を大きく見せながら渡る」ことをします。
横断するだけなのに、安全に渡るということはなんて難しいのでしょう。
でも、横断歩道だから、信号が青だからといって、道路が安全でないことは車を運転する人であれば誰もが分かるはずです。
また車だけではなく、「車を運転している人」が自分をきちんと見ているか確認する練習もしましょう。青信号でも右折車は横断歩道に侵入します。「動いている車の運転手さんは、わたしのことが見えているか」と顔を見ることもとっても大切。そして、見てない時は迷わず止まる(止まる、渡らないのが一番安全です)ということを身につけさせてあげましょう。

歩道は安全なの?

広い道では歩道が整備されていますが、お子さんは歩道のどこを歩きますか?信号の前ではどこで待っていますか?
歩道といっても、車道に近いところは車に接触する可能性が高まりますし、交差点では巻き込み事故の危険もあります。
ついつい「歩道を歩きなさい」とだけ教えがちですが、「歩道であってもできるだけ車から遠いところにいる」ということを身につけさせてあげましょう。

交通ルールを教えるのに最適な場所

交通ルールはどこで学ぶのが良いと思いますか?こども園?学校?お家?どこでも子どもたちが交通ルールを学ぶ機会があるかとは思いますが、「分かる」そして「できる」には何度も繰り返しすることが必要です。
オススメなのは、車の運転中。
信号のルールを確認したり、車を運転する人や歩行者の交通マナーを見ながら「これはマルかな、バツかな」と確認することができます。先ほどの歩行者の位置も運転手目線から見ると、その危険性が説明しやすいですね。

「行ってらっしゃい」と安心して送り出せるように

この他にも、春の全国交通安全運動で重点にされているもので、新潟の人が苦手としているのが、
「自転車の左側通行」や「子どもはヘルメットを着用して自転車運転」という点。また、高齢者の「補償運転」も浸透していませんよね。
ルールを守ることは、事故を起こさないための近道です。大切な家族を安心して「いってらっしゃい」と送り出し、「おかえり」と迎えられるよう、今一度交通ルールを見直してみてはいかがでしょうか。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

新潟で家族をもっと。
いつもの曇り空も、雪も、米ばっかも、家族となら楽しめる?
新潟のプラスもマイナスも共有する、等身大の子育てメディアです。

目次
閉じる