【公認会計士ママのお金のお話】NISAがオススメ!

新潟在住!公認会計士ママがお届けする「人生100年時代のちょっとためになるお金のお話」

お金を使う・貯めるのではなく「増やす」ための知識を学ぶ第3回目です。

人生100年時代のちょっとためになるお金のお話(全11回)

  1. 投資をしてみよう!
  2. 証券会社を決めよう!
  3. Nisa(ニーサ)がおすすめ!【今回はこちら!】
  4. 積立Nisaを始めよう!
  5. 投資信託を買ってみよう!
  6. 国債を買ってみよう!
  7. 金を買ってみよう!
  8. iDeCo(イデコ)を始めよう!
  9. (番外編1)個人年金保険を検討しよう!
  10. (番外編2)ふるさと納税って、何がいいの?
  11. まとめ
目次

NISA(ニーサ)って何?

NISAってよく聞くけど、やってない…その理由は、
「なんだかよく分からないから」なんてことはありませんか?

NISAとは、

「NISA口座内での取引で得た利益について、税金がかからなくなる制度」です。

通常、投資をした場合には、受け取った配当金や売却した時の利益に税金(約20%)がかかります。

しかし、NISA口座で購入した株式や投資信託に関する利益には、税金がかからない(非課税)というメリットがあるんです!

NISAには種類がある!?

NISAには3つの種類があり、それぞれ、年間に取引できる金額などが違っています。

  • 一般NISA・・・年間120万円の取引が非課税対象。(期間は最長5年間で上限は600万円)<2024年より新制度になります!>
  • ジュニアNISA・・・未成年者(0歳〜19歳)が対象。2023年で終了。
  • つみたてNISA・・・年間40万円の取引が非課税対象。期間は最長20年(上限は800万円)。

ちなみに、一般NISAとつみたてNISAは、どちらか一方を選択する必要があります。
また、年単位で変更することもできますよ。

特に「つみたてNISA」がオススメ!

私もつみたてNISAをしています!

月に1回程度、状況確認はしますが、「最初に登録した内容でほったらかしでも大丈夫!」というお手軽さが魅力です。

つみたてNISAの詳細については、また次回♪

どうですか?NISAに興味が湧いてきましたか?NISAについて、もっと詳しく知りたい!という方は、金融庁ホームページのNISAについてのページもぜひ見てみてくださいね。

今回のポイント!

税金のかからない「NISA」で賢く投資を始めよう!

【会計ミニミニコラム】簿記ってナニ?

「貸借対照表」は「Balance Sheets(バランスシート)」を略して、「B/S」とも言います。

 貸借対照表は、「この会社には、一体いくらの財産があるの?」(財産の状況)という情報をまとめたもので、下の図のイメージです。

 ほら、左(資産)と右(負債・純資産)があるでしょ?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書きました

【起業ママの想いをサポート!気軽に話せる女性目線のマネーアドバイザー】
公認会計士。新潟市在住。4歳と1歳の姉妹のママ。
現在、独立に向けて準備中。
「起業ママの想いをサポート!気軽に話せる女性目線のマネーアドバイザー」
をキャッチコピーに、
2021年春から初心者向けの会計相談お茶会なども企画中!
インスタ(@account_tax_kigyomama)でも情報発信してます♪

目次
閉じる